犬のへそ周り~ぽこちん周りの黒いゴマ(角栓?)について

犬のお腹、特にへそ周りからポコチン周りに黒いゴマがこびり付いている。特にお兄ちゃん犬のぽこちんの下ににあるゴマは酷く、皮膚からゴマの頭が飛び出している状態だ。人間の毛穴から角栓が飛び出ているような状態なのだ。
頭が出ているゴマは指で引っ張ると取れるが犬は怒るし手間もかかるし衛生的にどうなんだという点もあるので、何か対処法はないかと調べたことのメモ。

そもそも何故お腹周りにゴマが溜まるのかと言えば、トイレトレーニングをしていないので家でもおむつをしている事が汚れが溜まる原因なのではと睨んでいた。
おむつで隠れる部分にゴマが多い、特にぽこちん周りがひどいのは不潔の証なのだと思ったからだ。

だが、調べてみると清潔にしてるっぽい犬でもゴマが付いているらしく少し安心した。

ゴマの正体は汚れ

黒いゴマの正体はやはり汚れで、『メンボウ』という名前があるようだ。

『メンボウ』と言うらしく、『汚れを出す事が下手くそな皮膚』何だと言われました。
要するに毛穴に詰まった老廃物なんだそうですが、汚れが頭を出していれば摘まんでとる事も出来るそうですが、皮膚に埋もれている場合には取りだせないそうです。
無理に取りだすと、皮膚に傷をつけてしまうから、と注意されました。

[mixi]黒い角質のようなもの - トリミング・トリマー | mixiコミュニティ

汚れを出すことが下手くそな皮膚…代謝が悪いということなのか?

その汚れは皮脂が主で、酸化して黒くなってます。人間の小鼻の毛穴汚れみたいに。
その汚れに対する脂汚れに強いシャンプーの洗浄実験をしましたが、モンシュシュが一番キレイになり、マイクロバブルを使うとさらにきれいになりました。

[mixi]黒い角質のようなもの - トリミング・トリマー | mixiコミュニティ

「マイクロバブル」というのはペットサロンや動物病院でやってもらえるようだ。超微細な泡で毛穴の汚れがキレイになり、皮膚がしっかりと洗浄されることで皮膚病の改善や犬臭、毛並みの改善などの効果があるようだが、もっと気軽に出来ないものか、自宅でも出来るものなのか調べたら、マイクロバブル発生装置があれば出来るが装置の値段が庶民向けではなかった。

庶民向けにはシャワーヘッドタイプのものがあり値段もそれどど高くはないが、入浴(マイクロバブルの湯に浸かる)するタイプに比べると効果が薄いように思うがどうなんだろう。

次にシャンプーの洗浄実験で一番キレイになったという「モンシュシュ」だが、これはペットが洗える入浴剤、または美容液のことだと思う。

楽天市場のレビューでは、入浴剤の方は膿皮症やマラセチアなどの皮膚病におすすめというものが多く、他にも汚れがよく落ちて毛がフワフワになるというレビューも目立った。

入浴剤の方は、入浴剤を溶かしたお湯に浸かるため、お風呂が好きな犬向け、美容液の方は通常のシャンプーの代わりや散歩後の足洗いなどの部分的な洗浄や消臭、消毒液としても使えるようだ。

ちなみに、モンシュシュの値段はどこのショップでも入浴剤200mlで3,200円くらい、美容液400mlで4,200円くらいとちょっと割高だが、効果が高そうなのでお気に入り商品に登録したい商品だ。

それからもうひとつ、「プロフェム クレンジングオイル」というとても気になる商品を見つけたが、これも50mlで1,300円くらいと割高だが、動画を見る限りとても惹かれる。

クレンジングオイル | 人が好き、犬が好き、ありがとう|ワンクスクリエイション

犬にやさしく 人にやさしいグルーミング用品をご提供するペットサロンサポーター ワンクス。クレンジングオイルのページです。

乾いた皮膚にオイルを塗ってなじませて洗い流すという作業が、お風呂嫌いな犬に向いていそうな気がする。

結局、犬の黒いゴマは汚れが原因でまめにシャンプーしている犬でも出来るもので、対処するには人間のニキビや角栓対策のような感覚で清潔にするしかないのかと思った。

お兄ちゃん犬が一番ひどいのは、イボや出来物が出来やすいこともあり新陳代謝の問題なのかな~となんとなく思う。あとは老犬のため代謝が落ちているとか…とにかく清潔にすることが重要だ。

上へ
2494