エクセルで数字を入力時、小数点以下があれば少数表示(小数点以下3桁)、なければ整数表示をする

公開日: 最終更新日:

#エクセル

エクセルで請求書を作った時の小数点以下の扱いの設定方法を見つけたのでメモ。

とても参考にしたサイト

Excelで小数部分がゼロの場合は小数点すら表示しない方法[VBAマクロもアリ] - ぐーたら書房

Excelで小数部分がゼロの場合は小数点すら表示しない方法[VBAマクロもアリ]

まず、キングソフトを使っているのでエクセルではないのだが、エクセルの設定でちゃんと機能したので忘れないように手順をメモ。

やりたいことは、小数点以下の入力があれば少数表示


1.785
1.23
1.8

小数点以下がなければ1.0などと表示せず、整数を表示したい


100
1,234
2

設定方法

セルの書式設定

適用範囲を選択し、右クリックで「セルの書式設定」を選択。

表示形式「ユーザー定義」を選択し
#,##0.###」と入力
(小数点以下2桁の場合は「#,##0.00」)

条件付き書式

適用範囲を選択し、リボン「ホーム」の「条件付き書式」を選択。

「ルールの管理」→「新規ルール…」→「書式ルールの編集でルールの種類を選択してください」で一番下の
数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選択

その下にある「次の数式を満たす場合に値を書式設定」で以下を入力

=INDIRECT(ADDRESS(ROW(),COLUMN()))=TRUNC(INDIRECT(ADDRESS(ROW(),COLUMN())))

その下のプレビューの右側にある「書式」→表示形式「ユーザー定義」を選択し
#,##0」と入力


今回は有り難い事にコピペで解決出来た。INDIRECT関数やADDRESS関数などを使って書式を設定することで小数点以下をどうにかしているらしいが全く意味はわからない。

しかも今はキングソフトのスプレッドシートではなくWPS Officeとかいうものになっているようだ??