【メダカ飼育156日目】プランター使用の新しいろ過器とヒーター設置&奇形の子のこと

メダカ飼育156日目のメモ。プランターを使った新しいろ過器を設置したのと寒さ対策にヒーターを設置したことと、泳ぎ方がおかしいのでハリ病だと思っていた稚魚が実は奇形だったのでそのことについてのメモ。

新しいろ過器とヒーターは日曜日に設置していたのだが、ろ過も順調なようなのでろ過器に使ったものをメモ。。

プランターを使ったろ過器

トロ舟60サイズに対しての存在感はありすぎだし、ここまでろ過する必要あるのかと自分でも少し迷ったりすることもあるが、これからまだ増えるであろうメダカと病気予防のためにはこのくらいあってもいいのだと思うようにする。

使ったのは「グロウコンテナ」というおしゃれなプランター。

これにロカボーイMと水作エイトコアS、リングろ材とカキ殻を入れた。

はじめはろ材をネットに入れずにそのままロカボーイなどを埋めるようにしてバラバラと投入したが、ロカボーイなどの掃除の時に取り出すのがとても面倒くさそうなのでネットを使うことにした。

このリングろ材2Lはバイオネットミニ6枚にちょうど収まり、ロカボーイと水作エイトコアSの隙間を埋めるように設置。カキ殻を入れるスペースも確保出来てよかった。
カキ殻はおまじないというか精神安定剤的な役割だ。実際pHは6.5と7の間くらいだから効いているのかわからないが、なんとなく安心するために必要なのだ。

ロカボーイと水作エイトコアSはロカボーイのパワーアップパイプのジョイントとちょうどいい高さにカットしたパイプを使ってエルボに接続し、プランターの外に水を排出する役目だ。

プランターの底にあるスリットから自然と水が入ってくるので、それを濾過して排出…と頭の中では巨大な投げ込み式フィルターのようなイメージなのだが、もしかして大きな投げ込み式フィルターを買った方が濾過効率はいいのかな!?
あまり考えると不安になってくるのでやめよう…水の調子も良さそうだから成功なのだ!きっと!

GEXのヒーター設置

そろそろ昼夜の寒暖差が大きくなって来たので水温の急変を防ぐためにヒーターを購入した。
温度固定式の60cm水槽用のヒーターだ。

縦置きも出来るタイプのようだが、トロ舟では縦設置すると水面ギリギリになってしまうので横設置にした。
今の所は気温もそんなに低くないので26℃~27℃で安定しているようだ。

奇形のメダカのこと

注)死んだように見えるけど生きてるよ!

泳ぎ方がうねうねしていたこの稚魚だが、他の稚魚のハリ病が流行っていたこともあって、ハリ病だと思っていた。

青メダカ稚魚のハリ病(尾ぐされ病?)治療~完治までのメモ | おたろく

青メダカの稚魚のハリ病(尾腐れ病?)が完治したと思うので薬浴開始から今までの経過を忘れないようにメモ。

泳ぎ方がおかしくても、はじめは水面を泳いでいた。
ある日底に沈んでいたのでもうダメなのかと思ったが、よく見ると形がおかしくて背骨がすごく曲がっていることに気づいた。

泳ぎ方もものすごくドリルで暴れているのか泳いでいるのかわからないレベル。
しかも底にしかいれないので餌も食べれないのではと心配したが、それは大丈夫?底に沈んだ餌を食べているっぽい。

っぽいと言うのは、底に沈んだ状態でもう何日も経つが、餌を食べていないのであれば弱って★になるはずだからだ。

それでも健康ではないし、弱りつつあるのは確かなようでじっとして動かないことが増えてきたので、あまり刺激を与えないように見守っていこう。

上へ
117