【メダカ飼育163日目】カボンバの調子が悪いのでお外で光合成させた

9月7日にトロ舟内で日当たりが良さそうな位置にカボンバを移動させたがどうも調子が悪くて下の方が黄色くなり始めたので、日中日当たり抜群な場所で光合成させているラージパールグラスと一緒に光合成させることにした。

トロ舟の中の水草は無くなってしまった。
メダカは隠れ家が無くなってしまって可哀想だが、照明購入するまで我慢してお願い!

カボンバはラージパールグラスと一緒に外で光合成をさせた。
とても嬉しかったのか気泡をたくさんつけて炭酸水の中にいるようだった。

今までカボンバに気泡がついているところなんか見たことがなかったので、いかに日照不足なのかと痛感した。

ラージパールグラスも植え替えから1週間くらいたって少しだが新しい葉を出している。
下の画像は1週間前のラージパールグラス。

日照不足で水草が育たないのなら照明が必要なのだが、トロ舟にはどういう照明がいいのだろうか。
カミハタのかっこいい照明は設置場所に融通がききそうだし明るそうだが、高い。

フラットタイプだと安いが置く場所に困りそうだし、クリップタイプだとこれも安いが小型水槽用のものが多いイメージだ。
クリップ式2個使いだとコンセントを2つ使うことになるし、Amazonの中華ライトはいろんな種類があるが買いたくない。

そもそも最近のAmazonは中華ばっかりな上に配達も遅いしprime会員の意味がないじゃないか!
少し高くてもヨドバシを使った方がとても満足した気分になるわい!

上へ
68