【メダカ飼育181日目】トロ舟の冬支度

メダカ飼育181日目のメモ。
チャームで注文していた冬支度グッズが昨日届いたので早速冬支度に取り掛かった。

水温低下防止に断熱クン

ネットの情報でトロ舟の断熱材はスタイロフォームがいいと言うのをいくつか見ていたので、建築業である父にスタイロフォームは余っていないか聞いたところ「もっと早く言っていれば!切っ端がたくさん余っていたけど捨てちゃったよ!」との事だった。
結構前にも言ったのだが…仕方がないのでチャームで断熱クンというアルミコーティングされたプチプチを購入した。

トロ舟60サイズは高さが約20cmなので3つ折りにして巻き付ければとても暖かいのではないか!?と思ったが、断熱クンの長さが2mだったので一周するには少し足りなかった。

なので、トロ舟の高さに合わせて2つ折りにしてカットした断熱クンを巻きつけて、余った断熱クンも位置をずらして巻きつける事で隙間をなくした。
最終的には断熱クンが3重になった部分もあるということなので真冬の水温低下防止に役立てばいいと思う。

断熱クンダブルはプチプチ2重構造でアルミコーティングされているのでゴワゴワとしていて折り曲げるのは少し大変だった。本来の使い方ではないのでそれは仕方ないが。
はさみで簡単に切れるがゴワゴワしているのでスムーズには切れなかった。

上は出来上がりの図。見た目はすごくあれだが、暖かければいいのだ。

底床とろ過

今までソイルだった底床を黒系の砂利に変更して、今まであれやこれやと試してきたろ過も水中ポンプ式の底面フィルターにした。

砂利はろ過と底に敷くので9リットル使ったが、底床が薄っすらと敷かれた感じなのであと3リットルあっても良かったかも知れない。。

ろ過はアップルウェアーの育苗コンテナー12型にGEXのマルチベースフィルターのベースフィルターを6枚、パイプは水面に合わせて2cm程カットし、水中ポンプとしてGEXのコーナーパワーフィルターを接続した。

トロ舟に水を入れてフィルターを稼働させてみたが勢いがものすごい!

トロ舟左上の空きスペースにヒーターを入れてエアーストーンでブクブクさせる予定だ。

照明

雪が降ると屋根からの日当たりが期待出来ないので照明を設置した。水槽用の照明ではなくヤザワのクリップライトを購入した。

一般のLED電球では水草が育たないという意見をネットで見たが、メダカ飼い始めの頃LED電球でアナカリスが気泡をつけていたのでいけるだろうと思って40型485ルーメンの電球を購入した。

購入したのだが、やはりいまいち明るさが足りない気がしてアナカリスを泡ボコにした8~9年前に購入した60型のLED電球に交換した。

3段階に明るさ調節出来る電球で今は販売されていないようなのだが、調べてみたら明るさが550ルーメンということだったので購入したパナソニックの電球とそんなに変わらないではないかと言うか、今は60型だと810ルーメンのものが多いので新しく60型の電球を買った方がいいのかも知れない。

ちなみに水草(ウォーターバコパとバコパモンニエリ)は昨日はクタッと項垂れていたが、今日午前中の日光浴と照明照射で少し元気になったようだ。

メダカたち

メダカたちはもう少しの間ベビーバスで待機してもらうことになる。
過密なので朝餌をやる前に底一面のうんこを吸い出し、その後も何度かうんこの掃除をしなくてはならないのが大変なのだがトロ舟の水の準備が出来るまで我慢だ。

上へ
71