【メダカ飼育205日目】角タライ導入でベビーバスと稚魚水槽撤去と水草の近況

メダカ飼育205日目のメモ。稚魚といまいち元気のないメダカが入っていたベビーバスと放置気味だった稚魚水槽の稚魚たちを角タライにまとめた。
それから水草、これは順調に育っているのだと思う。1株だったドワーフフロッグビットは増えて、バコパモンニエリも苔は生えてきているが枯れてはいないしウォーターバコパは青々としている。

水草の成長

ドワーフフロッグビット

一時はトロ舟の半分ほど覆ってしまうんじゃないかぐらいに増えたドワーフフロッグビットだが、処分したのと水質悪化や栄養、日照不足で全く成長しなくなって枯れてしまった。
放置していた稚魚水槽に枯れ気味で上の画像のように3枚の葉で1株しかなかったドワーフフロッグビットだが、液肥やライト照射でここまで増えた。

根っこも結構長く伸びているが水流やエビに食べられて無くなってしまうのではと少し心配だ。

バコパモンニエリ

バコパモンニエリは一時はしんなりしていて枯れてしまうんじゃないかと思ったが、しっかり根付いてくれて今では新しい葉もちゃんと出している。
成長は遅くて苔もついているが土の中から新しい脇芽も出ている。

バコパモンニエリちゃんと根を出していた!鉢へ植え替えして水没させたらシナシナじゃなくなった。 | おたろく

バコパモンニエリはシナシナで根が出ていない!枯れさせたくない!頑張れ~!と言っていたのが一昨日。昨日はモノタロウで注文していた鉢が届いたので思い切って植え替えして水没させた。今日はなんとモンニエリさん復活!?と思えるような感じになっていた!

葉も土も苔まみれだったが、エビとタニシが少しきれいにしてくれたようだ。

ウォーターバコパ

ウォーターバコパは結構成長が速くて、植えた時は10cmなかったと思ったが今では15cmくらいになった。
茎もしっかり太くて根もぐんぐん伸ばし脇芽も出しまくりで順調すぎるくらいだ。

メダカやエビの隠れ家になっているようで、バコパモンニエリも早くこんな感じにもっさりとしてくれたらと思う。

メダカたち角タライへ集合

ベビーバスと水槽にいた稚魚たちを冬に向けてどうしようかと思っていたが、先日ホームセンターで角タライを見つけたので購入して来て、稚魚たちを集合させた。
底面フィルターに大磯を敷いて、黒いプランターには赤玉土を入れた。

黒いプランターは針子サイズ~1cm未満、それより大きくなった仔はタライの中で飼育するようにした。

ベビーバスでは底の方でじっとして元気のなさそうだった若魚もタライの中では泳いでいる姿をよく見るようになったので、やはり水質の問題?
放置気味でも調子の良かった稚魚水槽の中に入れていたラージパールグラスの鉢も入れたのでバクテリアはいるはず。

このタライは加温しているが、照明がないのでもうひとつLED照明を増やしたほうがいい気がする。
それから巻物。断熱クンをタライ用にまた注文したほうがいいかも知れない。窓際だし真冬は水温低下が著しい気がする。


水草もモサモサとしてだいぶいい感じの水槽になった。
ネットに入れてぶら下げた牡蠣殻がイマイチ気に入らないのでどうにかしたいが、メダカたちはどう思っているのだろうか。

上へ
150