11/14~11/30までのメモ。メダカ達のポツポツ死とヒメタニシの共食い、消えたミナミヌマエビ

公開日: 最終更新日:

#メダカ水槽#ミナミヌマエビ#アクアリウム#飼育記録#ヒメタニシ

親メダカ最後のヒメダカが逝ってしまってから2週間弱、★になるメダカもいなくてミナミヌマエビの姿も見えるしヒメタニシも赤ちゃんが増えているので順調だと思っていたのにポツポツ死が始まった。

まず、11月14日から11月30日までのトロ舟の様子をまとめた。

11/14(木) エビ1★
タライの方でも稚魚が3★に、大きめの稚魚が2匹行方不明
足し水ついでに換水はちょこちょこしていたが砂利掃除をしていないせいで水質悪化したことが原因だと思って砂利掃除、スポフィル掃除した。亜硝酸検査薬は異常なかった。
11/15(金) メダカ1★、タライの稚魚1★ 餌のやりすぎがいけないのかと思ってまた砂利掃除して換水。
11/18(月) ヒメタニシ1★ 換水
11/19(火) メダカ1★ ちょっと多めの換水(40Lの線まで)
11/20(水) メダカ2★ エビが泳ぎまくっている
11/21(木) エビが泳ぎまくっている
11/22(金) エビ落ち着いた。もしかして夜間水温低下対策のために土間シートを全面にかけているせいで酸欠なのが原因なのではと気づく。ウォーターバコパの部分にかからないように半分だけかけることにする。
11/29(金) 枯れているモスの処分。1/3ほどの換水→点滴法で昼から夜までかけて注水。
11/30(土) メダカ1★ 黒メダカ元気がない。最近抱卵もしない。

メダカ達のポツポツ死は土間シートのせい

22日に土間シートをかけるのを半分にしたら★にならなくなったと言うことは、やはり酸欠がポツポツ死を招いたのかも知れないと思った。
それなのにわけも分からず換水をしたり水槽の中を弄り倒してごめん!

そもそも土間シートはこれから極寒の季節なので夜間の水温低下対策として(ヒーターの稼働率を下げたい→電気代節約)、消灯後トロ舟とタライを覆うようにかけていたのだが、酸欠の事は頭にあったので空気の出入り口になればと隙間は結構開けていたのだ。
しかし、水草は夜間に酸素を必要とすることを失念していた!

結局、土間シートをかける部分を半分にしたら★にならなくなったのだからそれはよしとして、30日のメダカの死は前日の換水時のバケツの水、カルキ抜きを入れてかき混ぜずにそのまま点滴してしまったのが原因なのではと思っている。
すぐに気づいてかき混ぜたが、すでにトロ舟の中にはカルキ抜きしていない水が少しでも入ってしまったのだからそのせいだと思っている。けども、大丈夫な個体もいるということは弱っていたから★になったと言うことで、そしたら弱っている原因はなんなのだ…

ヒメタニシの共食い

1匹のヒメタニシがもう1匹にくっついてひっくり返したりしているな~と思ったらひっくり返されている方は死んでいた…
最近動かないな~と思っていたらいつの間に★になっていたのか。
はじめは殻の部分をガリガリしているようだったのでカルシウム補給でもするのかと思ったら身の方まで来たので共食いするのかと一晩そのままにしておいたが、翌朝には見た目は無傷の死骸がポツンとあるだけだった。

11/14~11/30までのメモ。メダカ達のポツポツ死とヒメタニシの共食い、消えたミナミヌマエビ画像

水面の泡と消えたミナミヌマエビ

最近、細かい泡が水面に溜まるようになってきた。

11/14~11/30までのメモ。メダカ達のポツポツ死とヒメタニシの共食い、消えたミナミヌマエビ画像

水面の泡はタンパク質が原因→餌の残りや死骸などが原因→バクテリアがうんぬんかんぬん…ということだ。
6in1で検査しても亜硝酸も硝酸塩も異常ない。アンモニアは検査薬がないのでわからないが。

原因はきっとヒメタニシのためのプレコのえさ。消灯後えさ投入→翌朝まだ食べているのでそのまま→食べ終わるのは夕方ごろと丸一日えさがある→食べ残し状態のせいで水質悪化なのではないかと思うのだが、えさの量を減らせばいいのかという事で毎日あげていたのを2、3日に一回、量も1粒から半粒くらいにして投入、また毎日10Lくらい換水することで段々と泡は減ってきた。

あとはミナミヌマエビが気づいたら4匹しかいなくなっていたのはショックだった。
鉢の中に余ったモスをそのまま入れてエビの隠れ家になればいいと思っていたが、中の照明が当たらない部分が枯れているのと中で何が起こっているかわからないので撤去したがその時しっぽだけになったエビの死骸があった。
いつの間に★になってしまったのか、死骸はきっと他のエビが食べてしまったのかも知れないが気づくのが遅くなってしまった。

生き残ったエビはおそらくメスが2匹いるので抱卵してくれればいいな~と期待はしているが、メダカが凶暴なのと我が家の水質では夢のまた夢なのではないかと思う。