メダカ飼育メモ~35・36・37日目 チャームで水草を購入

メダカ飼育35日目、36日目、37日目のメモ。
と言っても35日目、36日目は特に変化なし。37日目の今日はチャームで注文した水草が届いたので早速植えてみた。

2019年5月11日(土)飼育35日目:変わったことはない

35日目はこれと言って変化はなし。エビはやはり7匹しかいないようだ。

2019年5月12日(日)飼育36日目:エビがあまり出てこない

エビをやっちまったせいか、危険を感じているのかも知れない。
ミナミヌマエビはあまり姿が見えない。いても2~3匹でワチャワチャしていた数日前が懐かしい。

メダカは変化なし。背骨曲がりヒメダカ、ちゃんとエサを食べているのだろうか。
いつもアナカリスの陰にいる。

2019年5月13日(月)飼育37日目:水草が届いた

ビオトープっぽいことを目指してチャームで水草と諸々注文したのが届いた。

水草はドワーフフロッグビットとラージパールグラスという種類のもので、どちらも丸っこい葉がとてもかわいい。

NVボックスがまだ届かないのでとりあえず水槽で育てることにした。
ラージパールグラスは5本で1セットだが、茎が細くヒョロヒョロ~といったイメージ。決して萎れているわけではないがとても繊細な感じだ。CO2添加とか強い光量が必要みたいな事が書いてあったので日光、しかも午前中の窓ごしの光量で大丈夫なのかと不安だが、あまりいじらず見守る。

ドワーフフロッグビットは根っこにモサモサと細かい毛が生えていてメダカが好きそうなのでうまく増えてくれたらいい。

素焼きの鉢2つそれぞれにラージパールグラスを植えたかったが流石に切ったりする勇気はなかったので1つだけに植えた。右側には折れた茎を植えてみた。


買ったもの

素焼きの鉢の中の土はメダカの天然黒玉土なのだが、水草用のを買えばよかったか…

土の下にはろ材も入れた。鉢植えする時の鉢底石の代わりなのだが、ゼオライトというアンモニア除去に優れたものらしい。
機能的に水草向けではないようだが…大丈夫だろうか。

水槽が小さいので鉢が大きく見えるが、直径13cmほどのかわいい鉢だ。

鉢の底の穴から土などが流出しないように鉢底ネットも購入したのだが、100均のものよりしっかり網になっていて通気性がよさそうだ。
100均のは穴がふさがっている部分があったりして通気性が悪そうなのだ。

あとはNVボックスが早く届いてくれればいいのだが、注文して1週間経っても音沙汰ないのでヨドバシに納期を教えて欲しいと問い合わせをした。
お取り寄せ商品でも1週間かかった事は経験がないので、まだ入荷に時間がかかるならキャンセルして値段が高くてもAmazonや楽天で注文した方がいいと思っている。


青メダカ抱卵

メダカの求愛とか交尾は早朝にうんぬんだった気がするが、我が家の青メダカは真っ昼間に繁殖活動を行っていた。

午後、確認したら抱卵していたが卵はまた食べられてしまったのだろう。
もしかしたら底に落ちているかと、ウンコを吸い取った時に確認しているがそれらしいものは見当たらないので、底に落ちたものも食べられているのかも知れない。

上へ
72